よくある質問

HOME > よくある質問

発酵堆肥事業

ウルトラバイオ(UB)高温菌について

UB高温菌はどのように施設で利用されてますか?

主に畜産農家、堆肥センター、食品工場で利用されています。

UB高温菌のメリットは何ですか?

微生物群が効率よく増殖することで、有機物の減容及び発酵期間が大幅に短縮します。

UB高温菌でどの程度発酵温度は上がりますか?

中心部の発酵温度は、70~90°まで上昇します。(条件により異なる)

UB高温菌を上手に使う条件はありますか?

主に下記の条件になります。

  1. 有機物の水分調整は50~60%
  2. 下部よりエアーが出ている(好気性の増殖)
  3. 紫外線があたる場所(光合成細菌が増殖促進)
堆肥の切り返しは必要ですか?

下部からエアーが出る場合は必要ありません(環境により異なる)。エアーが無い場合は、10~15日程度で切り替えしを行います。

UB高温菌はどのような発酵処理に使用されていますか?

主に牛フン、豚フン、鶏フン、動物フン、食品残さ、食品汚泥、工業汚泥、廃菌床、焼酎粕の発酵処理に使用されます。

発酵処理した堆肥はどのように使用されてますか?

主に作物や有機栽培、花卉栽培で利用されており、高品質堆肥として喜ばれております。

発酵処理した有機物の再利用は可能ですか?

発酵した廃菌床を家畜のエサに利用できるよう研究を進めております。

資料請求・ご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL03-3312-8231

メールでのお問い合わせ

TOP