よくある質問

HOME > よくある質問

太陽光発電事業

花畑ソーラー分譲について

太陽光発電って何ですか?

太陽光発電は、太陽電池パネルを使用した発電システムです。
太陽光パネルは、太陽の光エネルギーを直接電力に変換する「発電機」の役割をはたし、あいている土地や工場・アパートなどの屋上や屋根に設置するのが主流です。

売電って何ですか?

経済産業省が定めた「固定価格買取制度」には、余剰電力買取制度と全量買取制度があり、10kW未満の住宅用太陽光発電システムが余った電気だけ売れる余剰電力買取制度なのに対し、10kW以上の全量買取制度は太陽光発電システムが発電した電気を全て売ることができます。

当社の主力である、50kw以上の太陽光発電設備は、発電した電気を20年間固定した売電単価で買い取る全量買取制に該当します。

売電収入はどのように入るのですか?

経済産業省及び電力会社の認可を得た太陽光発電設備は、売電開始(系統連系)後、電力会社が毎月発電量の検針を行います。
検針した発電量に売電単価と消費税を加えて、およそ2週間後に契約者の指定口座へ振り込まれます。

売電収入の利益はどのくらいでしょうか?

67kw(PC49kw)の低圧太陽光発電の場合、売電単価32円で年間252万円(税別)なります。(発電規模・売電単価・設置環境により異なります。)

土地付きの太陽光発電に興味があるのですが、他社との違いは何ですか?

当社の太陽光発電は、土地(分譲又は賃貸)と太陽光発電をセットにして販売しております。そのため、土地がない方でも20年間の固定買取価格に参加でき安定した収入を得ること可能です。

当社の土地付き太陽光発電は、平均日射量4.0h以上の地域を限定し、地面には雑草や夏場の温度上昇を防ぐために、グランドカバー(芝・クローバー等)で緑化します。

また、周辺には花の種を播種し、花と緑で囲まれた環境にもやさしい太陽光発電設備です。

メンテナンスはどのように行いますか?

売電開始後は当社が責任を持ってメンテナンスを行います。初期検針後は、3カ月毎に設備の点検を行いオーナー様へ報告させていただきます。

また、遠隔監視及び遠隔操作により発電状況を監視し、緊急の場合は、現地担当者を派遣して対応します。

独自の盗難対策もおこなっております。詳しくは「当社のメンテナンス体制」ページをご覧ください。

盗難対策はどのようにしてますか?

周辺フェンス及び警告カンバン・センサーライト・パトランプ等で盗難防止に努めています。

災害時の対応はどのようになりますか?

災害時の保険加入をお勧めしております。保険内容は、地震・噴火・津波以外の災害に対応しており、盗難にも対応します。

また、売電収入保証により災害による発電所停止期間の売電収入を保障します。(最大12ヶ月間)

税制の優遇について教えてください。

2016年現在、「グリーン投資減税」や「生産性向上設備投資促進税制」等の税制優遇制度があります。詳しくは「太陽光発電 税制優遇制度」ページをご覧ください。

資料請求・ご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL03-3312-8231

メールでのお問い合わせ

TOP